[スポンサーリンク]

archives

エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

E0778.gif

新しい合成


石原らは、ケトンのアルキル化においてグリニャール試薬に触媒量の塩化亜鉛を添加することにより、グリニャール試薬のみの場合に比べ、第3級アルコールが高収率で得られることを報告しています。これは塩化亜鉛の添加により高活性な亜鉛-アート錯体が生成し、触媒サイクルを形成するためと考えられています。弊社では使用し易いよう、塩化亜鉛添加済みのグリニャール試薬エチルマグネシウムクロリド (約0.8mol/Lテトラヒドロフラン溶液) 活性化剤:塩化亜鉛(約10mol%)を用意いたしました。
M. Hatano, S. Suzuki, K. Ishihara, J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 9998; 波多野学, 鈴木信治, 石原一彰, 化学, 2007, 62 (3), 16.

関連記事

  1. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  2. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  3. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  4. π-アリルパラジウム錯体
  5. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  6. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  7. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  8. チアゾリジンチオン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  2. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  3. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  4. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  5. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  6. アスピリン あすぴりん aspirin 
  7. 使い方次第で猛毒、薬に
  8. メバスタチン /Mevastatin
  9. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  10. 印象に残った天然物合成1

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP