[スポンサーリンク]

archives

3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

M0705.gif

アザ-Wittig環化反応

Marsdenらは、触媒的アザ-Wittig環化反応による含窒素複素環化合物の合成を報告しています。それによれば、例えば、安息香酸2-イソシアナトフェニルを触媒量の3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシドと作用させることによりイミノホスホランが形成し、続く分子内アザ-Wittig環化反応によりベンゾオキサゾール誘導体が高収率で得られます。種々の含窒素複素環化合物の合成への応用が期待されます。
S. P. Marsden, A. E. McGonagle, B. McKeever-Abbas, Org. Lett., 2008, 10, 2589.

関連記事

  1. ニュースタッフ追加
  2. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  3. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  4. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  5. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  6. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  7. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  8. ノーベル化学賞への道公開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  3. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)
  4. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  7. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン
  8. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction
  9. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  10. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP