[スポンサーリンク]

archives

3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

M0705.gif

アザ-Wittig環化反応

Marsdenらは、触媒的アザ-Wittig環化反応による含窒素複素環化合物の合成を報告しています。それによれば、例えば、安息香酸2-イソシアナトフェニルを触媒量の3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシドと作用させることによりイミノホスホランが形成し、続く分子内アザ-Wittig環化反応によりベンゾオキサゾール誘導体が高収率で得られます。種々の含窒素複素環化合物の合成への応用が期待されます。
S. P. Marsden, A. E. McGonagle, B. McKeever-Abbas, Org. Lett., 2008, 10, 2589.

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  2. チアゾリジンチオン
  3. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  6. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  2. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  3. Nazarov環化を利用した全合成研究
  4. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  5. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  6. 分子モーター / Molecular Motor
  7. ケムステ記事ランキングまとめ
  8. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  9. グラーメ・モード Graeme Moad
  10. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP