[スポンサーリンク]

archives

トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane

P0857.gif

フルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応

ShiとZhangは、Pd(OAc)2触媒を用いた、温和な条件下でのアリールトリアルコキシシランとアリールブロミドのフルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応を報告しています。それによると、PEGと3当量の水酸化ナトリウムを用いることで収率が大きく改善されています。反応生成物はエーテル抽出により容易に取り出すことが可能です。この触媒システムは、高反応効率を維持しながら8回再利用されています。
S. Shi, Y. Zhang, J. Org. Chem, 2007, 72, 5927.

関連記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  3. Pubmed, ACS検索
  4. 安全なジアゾメタン原料
  5. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  6. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田チカ Chika Kuroda
  2. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.
  3. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  4. ジアゾメタン
  5. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  6. ノーベル化学賞 のーべるかがくしょう Nobel Prize in Chemistry
  7. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  8. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  9. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  10. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ハイフン(-)の使い方

ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいく…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP