[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)

 

ロジウム触媒を用いたC-Hアミノ化反応

 

Lebelらは、ロジウム触媒を用いたN-トシルオキシカルバマートによるアミノ化反応について報告しています。それによれば、N-トシルオキシカルバマートはテトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II)と反応し、金属ニトレンを生成します。このニトレンがC-H挿入反応を行い、Troc保護アミンやオキサゾリジノン誘導体を高収率で与えます。この反応は温和な条件下で進行し、メマンチン塩酸塩やベンズヒドリルアミン類のような重要な生理活性化合物の合成にも応用できます。

K. Huard, H. Lebel, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6222DOI: 10.1002/chem.200702027

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  3. ジアゾメタン原料
  4. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  6. pre-ELM-11
  7. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  8. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  2. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  3. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  4. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution
  5. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  6. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  8. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  9. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  10. ねじれがあるアミド

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP