[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)

 

ロジウム触媒を用いたC-Hアミノ化反応

 

Lebelらは、ロジウム触媒を用いたN-トシルオキシカルバマートによるアミノ化反応について報告しています。それによれば、N-トシルオキシカルバマートはテトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II)と反応し、金属ニトレンを生成します。このニトレンがC-H挿入反応を行い、Troc保護アミンやオキサゾリジノン誘導体を高収率で与えます。この反応は温和な条件下で進行し、メマンチン塩酸塩やベンズヒドリルアミン類のような重要な生理活性化合物の合成にも応用できます。

K. Huard, H. Lebel, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6222DOI: 10.1002/chem.200702027

関連記事

  1. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  3. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  4. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  5. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  6. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  7. ニュースタッフ追加
  8. Accufluor(NFPI-OTf)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  2. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  3. 170年前のワインの味を化学する
  4. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  5. ジョン・フェン John B. Fenn
  6. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  7. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  8. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentafluorophenyl) Carbonate
  9. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition
  10. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

香料:香りの化学3

海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP