[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

関連記事

  1. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  2. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  4. Nsアミン誘導体
  5. モリブデン触媒
  6. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  7. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  8. 活性マグネシウム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 深海の美しい怪物、魚竜
  2. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  3. C-H酸化反応の開発
  4. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  5. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  6. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  7. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  8. ケミカル・アリに死刑判決
  9. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語
  10. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP