[スポンサーリンク]

archives

ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

B1964.gif

 

ジボロンを用いたジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成

ChoとMorkenは,ビス(ピナコラト)ジボロンがジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応に有用であることを報告しています。この報告によると,本反応は室温下,Ni(cod)2触媒,PCy3配位子を用いることで進行し,酸化処理の後,ホモアリルアルコールを立体選択的に得ています。

H. Y. Cho, J. P. Morken, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16140.

関連記事

  1. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  4. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  6. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  7. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  8. ニュースタッフ追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  2. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  4. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  5. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  6. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  7. IBX酸化 IBX Oxidation
  8. 鈴木 章 Akira Suzuki
  9. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  10. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP