[スポンサーリンク]

archives

ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

B1964.gif

 

ジボロンを用いたジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成

ChoとMorkenは,ビス(ピナコラト)ジボロンがジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応に有用であることを報告しています。この報告によると,本反応は室温下,Ni(cod)2触媒,PCy3配位子を用いることで進行し,酸化処理の後,ホモアリルアルコールを立体選択的に得ています。

H. Y. Cho, J. P. Morken, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16140.

関連記事

  1. Gabriel試薬類縁体
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  3. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  4. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  5. iphone用サイトを作成
  6. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  7. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  8. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  2. 酵素の真実!?
  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  4. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  5. 有機の王冠
  6. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  7. Chem-Stationついに7周年!
  8. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  9. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  10. コールマン試薬 Collman’s Reagent

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP