[スポンサーリンク]

archives

ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

B1964.gif

 

ジボロンを用いたジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成

ChoとMorkenは,ビス(ピナコラト)ジボロンがジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応に有用であることを報告しています。この報告によると,本反応は室温下,Ni(cod)2触媒,PCy3配位子を用いることで進行し,酸化処理の後,ホモアリルアルコールを立体選択的に得ています。

H. Y. Cho, J. P. Morken, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16140.

関連記事

  1. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  2. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  3. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  4. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  5. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  6. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  7. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  8. SelectfluorR

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  2. 八島栄次 Eiji Yashima
  3. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  4. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  5. 分子びっくり箱
  6. ピンナ酸の不斉全合成
  7. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  8. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  9. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  10. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP