[スポンサーリンク]

archives

ニュースタッフ参加

スタッフを4人追加しました。まだまだ募集しております!


9. Hiro
修士(工学)。現在技術&事務補佐員として実験もできるスーパー秘書を目指し日夜努力中。


10.Yu
博士(理学)。専門は電子移動反応を中心とした光化学や電気化学、有機EL、量子化学計算。化学系企業で、半導体材料の研究に従事。
11.Suiga
某国立大学に高専から編入し、現在は修士課程の学生をしています。
専門は特殊構造高分子合成です。高分子科学の世界を中心に記事を書いていきます。
自分自身、Chem-Stationさんと有機化学美術館さんに触発されて合成の世界へ進んだので、いつかそんな人の心に残る記事が書ければと思います。宜しくお願いします。
12.apollo
化学会社ではたらく化学者のapollo(♀)です。企業での研究の様子などをご紹介できればと思っています。 よろしくおねがいします!

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  2. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  3. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  4. ニュースタッフ
  5. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  6. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  7. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  8. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  2. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  3. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  4. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  5. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化
  6. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  7. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  8. 分子モーター / Molecular Motor
  9. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  10. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP