[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  2. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  3. ショウガに含まれる辛味成分
  4. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  5. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  6. ウェブサイトのリニューアル
  7. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  8. ケムステの記事を導出しています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  2. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  3. 春の褒章2011-化学
  4. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  5. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex
  6. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  7. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  8. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  9. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  10. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

香料:香りの化学3

海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP