[スポンサーリンク]

archives

ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物

D2935.gif

東京化成工業】
ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物: 2-(Dimethylvinylsilyl)pyridine
分子量:163.29
CAS: 321155-39-9
製品コード: D2935
値段:  1g 25,100円(2008.10.22 現在)
用途:多置換オレフィンの合成
説明: ヘック反応,檜山反応を組み合わせることで,多置換オレフィンが得られる。
文献: . Itami, T. Nokami, Y. Ishimura, K. Mitsudo, T. Kamei, J. Yoshida, J. Am. Chem. Soc., 123, 11577 (2001).
その他のピリジルシリル化合物: ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケムステの記事を導出しています
  2. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  3. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  4. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  5. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  6. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  7. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  8. Grubbs第一世代触媒

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒なの? ?自殺する酵素?
  2. 核酸医薬の物語3「核酸アプタマーとデコイ核酸」
  3. リンと窒素だけから成る芳香環
  4. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」
  5. 天然物化学
  6. 進撃のタイプウェル
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  8. ポットエコノミー Pot Economy
  9. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  10. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP