[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  2. ピセン:Picene
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  5. 進化する カップリング反応と 応用展開
  6. Xantphos
  7. 角田試薬
  8. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 安全なジアゾ供与試薬
  2. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  3. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  4. 化学のうた
  5. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  6. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  7. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  8. リベロマイシンA /Reveromycin A
  9. キレーション療法ってなに?
  10. 172番元素までの周期表が提案される

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP