[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

関連記事

  1. ヘキサメチレンテトラミン
  2. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…
  3. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  4. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  6. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. SPhos

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Corey系譜β版
  2. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  3. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  4. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  5. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  6. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  7. 分子びっくり箱
  8. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  9. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  10. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP