[スポンサーリンク]

archives

(-)-MTPA-Cl

M1104.gif

【東京化成工業】
(-)-MTPA-Cl: (-)-alpha-Methoxy-alpha-(trifluoromethyl)phenylacetyl Chloride
分子量:252.62
CAS: 39637-99-5
製品コード:M1104
値段: 1g 4,7300円 (2008.10.28 現在)
用途:絶対立体配置決定試薬
説明:本製品とアルコールをアシル化の後、同様な操作で(+)-MTPAClと反応させたMTPAエステルとの1HNMRを用いて改良Moscher法を行えば水酸基の絶対立体配置が決定できる。
文献:Ohtani, I.; Kusumi, T.; Kashman, Y.; Kakisawa, H. J. Am. Chem. Soc. 1991, 113, 4092.
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 進化する カップリング反応と 応用展開
  2. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  3. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  4. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  5. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  6. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  7. ニュースタッフ参加
  8. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  2. プラテンシマイシン /platensimycin
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  4. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  5. 極性表面積 polar surface area
  6. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり
  7. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  8. 構造生物学
  9. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  10. 論文執筆&出版を学ぶポータルサイト

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP