[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  2. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  3. ケムステ国際版・中国語版始動!
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  8. 有用なりん化合物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  2. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  3. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  4. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  5. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  6. エドマン分解 Edman Degradation
  7. ビタミンB12 /vitamin B12
  8. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  9. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  10. 書物から学ぶ有機化学 3

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP