[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  2. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  3. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  4. ケムステ国際版・中国語版始動!
  5. ヘキサメチレンテトラミン
  6. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  2. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  3. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  4. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!
  5. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  6. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst
  7. Xantphos
  8. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  9. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  10. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP