[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  3. インドール一覧
  4. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  5. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  6. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  7. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  8. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  2. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  3. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  4. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  5. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  6. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohexaazaisowurtzitane (HNIW)
  7. アセチレン、常温で圧縮成功
  8. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  9. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  10. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

香料:香りの化学3

海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP