[スポンサーリンク]

archives

スルホニルフルオリド

H1176.gif

 
東京化成工業
 スルホニルフルオリド: Perfluoro-n-octanesulfonyl Fluoride
分子量: 502.12
CAS:307-35-7
製品コード: H1176
値段: 25g 4,900円 (2008.10.22 現在)
用途: 鈴木カップリングの基質合成
説明: フェノール性水酸基を持つ化合物の鈴木-宮浦クロスカップリング反応においてトリフラートの代用(5g 6,600円)としてより安価に利用できる。
文献:W. Zhang, C. H.-T. Chen, Y. Lu, T. Nagashima, Org. Lett., 6, 1473 (2004).
その他のリンク: 鈴木-宮浦クロスカップリング反応 / Suzuki-Miyaura Cross-coupling Reaction(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  2. チアゾリジンチオン
  3. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  4. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  6. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  7. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  8. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  2. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  3. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  4. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  5. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  7. 大学入試のあれこれ ②
  8. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  9. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  10. リンダウ会議に行ってきた①

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP