[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  3. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  4. 芳香環シラノール
  5. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  6. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  7. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  8. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. リンと窒素だけから成る芳香環
  2. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  3. メリークリスマス☆
  4. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  5. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  6. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  7. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  8. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  9. シランカップリング剤入門【終了】
  10. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP