[スポンサーリンク]

archives

活性マグネシウム

  
Aldrich
活性マグネシウム: Highly Reactive RiekeRMetal, suspension, 2.5 g in tetrahydrofuran
分子量:24.31
CAS: 7439-95-4
製品コード: 499579
値段:  100 mL 79,900円(2008.10.22 現在)
用途:金属
説明: Riekeマグネシウムは低温で反応するため分解や副反応が抑えられ、合成できるグリニャール試薬の種類が劇的に増える。
その他のGrignard試薬関連記事:
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  3. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  4. インドール一覧
  5. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  8. MNBA脱水縮合剤

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  2. 目指せ化学者墓マイラー
  3. “click”の先に
  4. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  6. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  7. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  8. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)
  9. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP