[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  2. π-アリルパラジウム錯体
  3. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. (-)-MTPA-Cl
  6. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  7. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  8. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発
  2. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  3. この輪っか状の分子パないの!
  4. 最近の金事情
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt
  6. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  7. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  8. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  9. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  10. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP