[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. キラルオキサゾリジノン
  2. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  3. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  4. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  6. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  7. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…
  8. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  2. 天然物界70年の謎に終止符
  3. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  5. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  6. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  7. 野依 良治 Ryoji Noyori
  8. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  9. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  10. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP