[スポンサーリンク]

archives

角田試薬

 

【東京化成工業】
角田試薬:  Cyanomethylenetributylphosphorane
分子量:241.35
CAS: 157141-27-0
製品コード:C1500
値段: 1 g 12,900円   5 g 42,800円  25 g 110,900円 (2010.4.1 現在)
用途: 光延型反応試薬
説明: シアノメチレントリメチルホスホランを用いると、通常DEADでは反応しないpKa23.4の活性メチレンと2級アルコールとの反応においても高収率で生成物を与える。
文献: T. Tsunoda, M. Nagaku, C. Nagino, Y. Kawamura, F. Ozaki, H. Hiroki, S. Ito, Tetrahedron Lett., 1995.
その他の光延反応に関する記述:光延反応(東京化成工業製品情報)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  3. イリジウム錯体:Iridium-complex
  4. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  5. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  6. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  7. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  8. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  4. 書物から学ぶ有機化学 1
  5. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  6. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(
  7. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  8. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  9. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
  10. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP