[スポンサーリンク]

archives

角田試薬

 

【東京化成工業】
角田試薬:  Cyanomethylenetributylphosphorane
分子量:241.35
CAS: 157141-27-0
製品コード:C1500
値段: 1 g 12,900円   5 g 42,800円  25 g 110,900円 (2010.4.1 現在)
用途: 光延型反応試薬
説明: シアノメチレントリメチルホスホランを用いると、通常DEADでは反応しないpKa23.4の活性メチレンと2級アルコールとの反応においても高収率で生成物を与える。
文献: T. Tsunoda, M. Nagaku, C. Nagino, Y. Kawamura, F. Ozaki, H. Hiroki, S. Ito, Tetrahedron Lett., 1995.
その他の光延反応に関する記述:光延反応(東京化成工業製品情報)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  2. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  3. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  4. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  7. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  8. スルホニルフルオリド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペンタフルオロスルファニル化合物
  2. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  3. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  4. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  5. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  6. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応
  7. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理 ①
  8. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  9. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  10. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP