[スポンサーリンク]

archives

(R,R)-DIPAMP

B3035.gif

【東京化成工業】
(R,R)-DIPAMP : (R,R)-1,2-Bis[(2-methoxyphenyl)phenylphosphino]ethane
分子量:458.47
CAS: 55739-58-7
製品コード:B3035
値段: 100mg 9,500円 (2008.10.28 現在)
用途:不斉配位子
説明:Knowlesらが開発したPキラル配位子で,ロジウムと安定な錯体を形成し,不斉水素化触媒として用いられる。パーキンソン病治療薬L-DOPAの合成に利用されている。
文献:W. S. Knowles, M. J. Sabacky, B. D. Vineyard, D. J. Weinkauff, J. Am. Chem. Soc., 1975, 97, 2567
その他のDIAPAMP配位子に関する記述: Pキラル配位子(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. BTQBT : BTQBT
  2. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  3. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  4. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  5. 進化する カップリング反応と 応用展開
  6. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフ…
  7. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  8. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion
  2. ジョン・フェン John B. Fenn
  3. スピノシン spinosyn
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  6. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】
  7. カスガマイシン (kasugamycin)
  8. 博士課程学生の経済事情
  9. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  10. F. S. Kipping賞―受賞者一覧

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

香料:香りの化学3

海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP