[スポンサーリンク]

archives

Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

【Aldrich 】
Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  2. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  3. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  4. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  5. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  6. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  8. (R,R)-DIPAMP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  2. 製薬各社 2010年度決算
  3. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  4. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  5. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  6. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  7. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  8. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  10. もし新元素に命名することになったら

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP