[スポンサーリンク]

archives

イリジウム錯体:Iridium-complex

C1807.gif

[IrCl(cod)]2/PPh3/KOHを用いたジケトンとω-ヒドロキシケトンの選択的合成

 石井らは,イリジウム錯体を用いたメチルケトンとα,ω-ジオールの一段階反応によるジケトンおよびω-ヒドロキシケトンの選択的合成を報告しています。これによれば,メチルケトンとα,ω-ジオールの当量比率を変化させることにより,ジケトンとω-ヒドロキシケトンを作り分けています。この反応をアリールアセトニトリルとα,ω-ジオールとの反応へ応用することによりジアリールジニトリルを合成しています。

 

K. Maeda, Y. Obora, S. Sakaguchi, Y. Ishii, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81, 689.

 

関連記事

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  2. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  3. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  4. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  5. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  6. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  7. ニュースタッフ参加
  8. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  2. CYP総合データベース: SuperCYP
  3. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  4. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  5. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  6. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  7. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  8. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  9. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  10. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP