[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

T1295.gif

トリフラート類の求核的フッ素化反応

Shinらは,トリフラート類の求核的フッ素化反応について報告しています。それによれば,アルコールのフッ素化において,まずトリフラートに誘導し,ついでフッ素化剤として弱塩基性のテトラブチルアンモニウムビフルオリドを用いることにより,脱離反応による副生成物を最小限に抑え,高収率で目的のフッ素化合物を得ることができます。

K.-Y. Kim, B. C. Kim, H. B. Lee, H. Shin, J. Org. Chem. 2008, 73, 8106.

 

関連記事

  1. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  2. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  4. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  7. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  8. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応の仕組みと考え方
  2. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  3. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  4. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  5. 小松紘一 Koichi Komatsu
  6. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  7. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  8. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  9. 研究室での英語【Part 3】
  10. 入門 レアアースの化学 

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP