[スポンサーリンク]

archives

低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】

講師        : 信州大学 大学院 総合工学系研究科 准教授 工学博士 鈴木 正浩 氏
【専門】超分子光化学
日時        : 2010年9月9日(木) 10:30~16:30
会場        : 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 47,250円
⇒E-mail案内登録会員 44,800円
  ※資料・昼食付

申し込みはこちらをクリック!
講演内容  : <趣旨>
  油や有機溶媒あるいは水溶液を比較的少量の添加でゲル化できる優れた機能性材料である低分子ゲル化剤に関する基礎研究から応用研究について、 分子設計や合成技術あるいは学術的な最新動向を含めて幅広く解説する。
1.ゲルとは
2.低分子ゲル化剤とは
 2.1 低分子ゲル化剤の定義
 2.2 低分子ゲル化剤について
 2.3 低分子ゲル化剤のニーズ
3.超分子ゲル形成
 3.1 超分子ゲルの形成
 3.2 超分子ゲルのモロホロジー
 3.3 分析法
4.低分子ゲル化剤の工業的利用
 4.1 低分子ゲル化剤
 4.2 高分子有機ゲル化剤
 4.3 シリコーン系
 4.4 その他
5.低分子ゲル化剤の最新動向
 5.1 低分子有機ゲル化剤
 5.2 2成分系有機ゲル化剤
 5.3 低分子ハイドロゲル化剤
 5.4 2成分系ハイドロゲル化剤
6. 刺激応答性超分子ゲル
 6.1 熱応答性
 6.2 光応答性
 6.3 超音波応答性
 6.4 その他
7. チキソトロピー性を持つ超分子ゲル
 7.1 ゲル化剤の分子設計
 7.2 超分子ゲル形成
 7.3 チキソトロピー性の測定
8. 高分子有機ゲル化剤への展開
 8.1 高分子による油や有機溶媒のゲル化
 8.2 高分子有機ゲル化剤の分子設計
 8.3 高分子有機ゲル化剤による超分子ゲル形成
9. 低分子ゲル化剤の応用展開
 9.1 医療への応用
 9.2 再生医療への応用
 9.3 液晶ゲル
 9.4 ゲル電解質
10. 今後の展望
  □質疑応答・名刺交換□
申し込みはこちらをクリック!
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. π-アリルパラジウム錯体
  2. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  3. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  4. 不斉配位子
  5. セレノフェン : Selenophene
  6. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  8. (+)-MTPA-Cl

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  2. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  3. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  4. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group
  5. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  6. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  7. 元素生活 完全版
  8. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  9. 化学業界と就職活動
  10. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP