[スポンサーリンク]

archives

低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】

講師        : 信州大学 大学院 総合工学系研究科 准教授 工学博士 鈴木 正浩 氏
【専門】超分子光化学
日時        : 2010年9月9日(木) 10:30~16:30
会場        : 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 47,250円
⇒E-mail案内登録会員 44,800円
  ※資料・昼食付

申し込みはこちらをクリック!
講演内容  : <趣旨>
  油や有機溶媒あるいは水溶液を比較的少量の添加でゲル化できる優れた機能性材料である低分子ゲル化剤に関する基礎研究から応用研究について、 分子設計や合成技術あるいは学術的な最新動向を含めて幅広く解説する。
1.ゲルとは
2.低分子ゲル化剤とは
 2.1 低分子ゲル化剤の定義
 2.2 低分子ゲル化剤について
 2.3 低分子ゲル化剤のニーズ
3.超分子ゲル形成
 3.1 超分子ゲルの形成
 3.2 超分子ゲルのモロホロジー
 3.3 分析法
4.低分子ゲル化剤の工業的利用
 4.1 低分子ゲル化剤
 4.2 高分子有機ゲル化剤
 4.3 シリコーン系
 4.4 その他
5.低分子ゲル化剤の最新動向
 5.1 低分子有機ゲル化剤
 5.2 2成分系有機ゲル化剤
 5.3 低分子ハイドロゲル化剤
 5.4 2成分系ハイドロゲル化剤
6. 刺激応答性超分子ゲル
 6.1 熱応答性
 6.2 光応答性
 6.3 超音波応答性
 6.4 その他
7. チキソトロピー性を持つ超分子ゲル
 7.1 ゲル化剤の分子設計
 7.2 超分子ゲル形成
 7.3 チキソトロピー性の測定
8. 高分子有機ゲル化剤への展開
 8.1 高分子による油や有機溶媒のゲル化
 8.2 高分子有機ゲル化剤の分子設計
 8.3 高分子有機ゲル化剤による超分子ゲル形成
9. 低分子ゲル化剤の応用展開
 9.1 医療への応用
 9.2 再生医療への応用
 9.3 液晶ゲル
 9.4 ゲル電解質
10. 今後の展望
  □質疑応答・名刺交換□
申し込みはこちらをクリック!
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  2. C60MC12
  3. Nsアミン誘導体
  4. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  5. SPhos
  6. ニュースタッフ参加
  7. ケムステの記事を導出しています
  8. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  2. スクリプス研究所
  3. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT)
  5. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  6. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  7. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  8. Grubbs第二世代触媒
  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  10. アピオース apiose

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP