[スポンサーリンク]

archives

pre-ELM-11

多孔配位高分子 (ELM-11)

加納らは多孔配位高分子であるELM-11 [=Cu(bpy)2(BF4)2] (ELM = Elastic Layer-structured Metal organic framework) の優れた特徴を報告しています。その報告によると,ELM-11はbpy分子が銅イオンにx-y平面状に架橋した二次元正方格子がz軸方向に積層した構造をしており,z軸は柔軟性に富みます。その構造柔軟性に由来する優れたゲート型のガス吸着等温線を示しています。例えば,混合ガス(N2:O2:CO2 (18:12:40, v/v))からELM-11への一回の吸着操作で99%以上の高純度CO2を分離回収しています。ELM-11はpre-ELM-11  [=[Cu(bpy)(BF4)2(H2O)2]bpy] を加熱脱水することにより得られています。

“Elastic layer-structured metal organic frameworks (ELMs)”

H. Kanoh, A. Kondo, H. Noguchi, H. Kajiro, A. Tohdoh, Y. Hattori, W.-C. Xu, M. Inoue, T. Sugiura, K. Morita, H. Tanaka, T. Ohba, K. Kaneko, J. Colloid Interface Sci. 2009, 334, 1. DOI: 10.1016/j.jcis.2009.03.020

untitled

Elastic layer-structured metal organic frameworks (ELMs) having flexible two-dimensional structure show a gate phenomenon in sorption/desorption of simple gas molecules. The gate phenomenon is accompanied by expansion/shrinkage of the layers. The gas sorption/desorption is not based on a physical adsorption, but on a chemical reaction, which includes high cooperativity. The cooperative reaction could be analyzed thermodynamically. The gate phenomenon showed advantages in separation of CO2 from mixed gases and in storage of CH4 owing to easy release of absorbed molecules.

 

  • 関連書籍

関連記事

  1. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  2. インドール一覧
  3. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  4. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  5. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  6. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  7. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  8. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling
  2. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  3. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  4. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  5. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  6. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  7. 磁性流体アートの世界
  8. SPhos
  9. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  10. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP