[スポンサーリンク]

archives

N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin

 

求電子的ヨウ素化試薬

N-ヨードサッカリンは,Dolencによって開発された求電子的ヨウ素化試薬で,N-ヨードこはく酸イミド (NIS)のような既存のヨウ素化試薬よりも高い反応性と選択性を示します。例えば,フェノール類やアニリン類などの芳香族化合物のヨウ素化反応では,水酸基やアミノ基と反応することなく,高収率で芳香環にヨウ素を導入することができます。

“N-Iodosaccharin – a New Reagent for Iodination of Alkenes and Activated Aromatics”

D. Dolenc, Synlett 2000, 544. DOI:10.1055/s-2000-6561

A mild and efficient iodination reagent, N-iodosaccharin was prepared. Iodination of activated aromatics and alkenes with the reagent takes place fast and under very mild conditions, without the aid of strong acids of heavy metals. The reagent does not affect oxidizable groups, such as hydroxyl or aldehyde.

 

関連記事

  1. シランカップリング剤入門【終了】
  2. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  3. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  4. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  5. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…
  6. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  7. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  8. iphone用サイトを作成

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素結合水H4O
  2. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  3. フタロシアニン-化学と機能-
  4. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  5. 黒田チカ Chika Kuroda
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  7. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  8. 先制医療 -実現のための医学研究-
  9. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  10. アルデヒドを分液操作で取り除く!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP