[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate

O,P-アセタールの効果的な置換反応

藤岡らは,アセタールを出発原料とするO,P-アセタールの合成とその求核剤との置換反応を報告しています。それによれば,トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリルの存在下,アセタールとトリス(2-メチルフェニル)ホスフィンを反応させることにより,O,P-アセタールを合成し,次いで求核剤を反応させ,高収率で目的物を得ています。この反応はワンポットで進行し,種々の求核剤が利用できるため注目されています。

“Remarkable effect of phosphine on the reactivity of O,P-acetal—efficient substitution reaction of O,P-acetal”

H. Fujioka, A. Goto, K. Otake, O. Kubo, K. Yahata, Y. Sawama, T. Maegawa, Chem. Commun. 2010, 46, 3976. DOI: 10.1039/C0CC00170H

GA

The structure and electronic nature of the phosphine have a significant influence on not only the formation, but also the subsequent transformation of O,P-acetals. The O,P-acetals generated from tris(o-tolyl)phosphine [(o-tol)3P] underwent efficient substitution reactions with various nucleophiles.

関連記事

  1. ヘテロカンシラノール
  2. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  3. モリブデン触媒
  4. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  5. 研究者へのインタビュー
  6. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  7. セレノフェン : Selenophene
  8. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  3. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  4. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  5. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  6. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  7. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  8. 酒石酸/Tartaric acid
  9. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  10. Callipeltosideの全合成と構造訂正

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP