[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  2. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  3. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  4. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  7. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  8. トルキセン : Truxene

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. (R,R)-DIPAMP
  2. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  5. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  6. レビュー多すぎじゃね??
  7. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  8. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  9. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  10. がん細胞をマルチカラーに光らせる

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

ベン・デイヴィス Ben G. Davis

ベンジャミン・ガイ・デイヴィス(Benjamin Guy Davis, 1970年8月8日-)は、イ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP