[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. セレノフェン : Selenophene
  4. Accufluor(NFPI-OTf)
  5. ノーベル化学賞への道公開
  6. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  7. DAST類縁体
  8. セミナーチャンネルを開設

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  2. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  3. アザジラクチンの全合成
  4. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  5. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  6. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  7. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  8. モッシャー法 Mosher Method
  9. フラーレンが水素化触媒に???
  10. 岩村 秀 Hiizu Iwamura

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP