[スポンサーリンク]

archives

ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤

H1340.gif

N-ヒドロキシ-3-[1-(フェニルチオ)メチル-1H-1,2,3-トリアゾール-4-イル]ベンズアミド (NCC-149)は鈴木,宮田らによって開発されたヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)を選択的に阻害する化合物です。ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)は,アセチル化されたヒストンのリジン残基を触媒的に脱アセチル化し,がん抑制遺伝子をはじめ多くの遺伝子発現を制御します。中でもヒストン脱アセチル化酵素のアイソフォームの1つであるHDAC8は,T細胞性腫瘍や神経芽細胞腫の増殖に関与することが報告されています。NCC-149はHDAC8選択的阻害し腫瘍細胞増殖阻害活性を示すことから,エピジェネティクス研究のツールおよび抗がん剤としての応用が期待されています。

T. Suzuki, Y. Ota, Y. Kasuya, M. Mutsuga, Y. Kawamura, H. Tsumoto, H. Nakagawa, M. G. Finn, N. Miyata, Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 6817.
T. Suzuki, Y. Ota, M. Ri , M. Bando, A. Gotoh, Y. Itoh, H. Tsumoto, P. R. Tatum, T. Mizukami, H. Nakagawa, S. Iida, R. Ueda, K. Shirahige, N. Miyata, J. Med. Chem. 2012, 55, 9562.

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  2. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  3. スマホページをリニューアルしました
  4. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  5. 田辺シリル剤
  6. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  8. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アクリルアミド /acrylamide
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. 史上最も不運な化学者?
  4. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  5. 個性あるTOCその③
  6. 東京大学理学部 化学教室
  7. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  8. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  9. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  10. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP