[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

関連記事

  1. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  2. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  3. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  4. 田辺シリル剤
  5. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  6. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  7. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  8. 活性マグネシウム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  2. イボレノリドAの単離から全合成まで
  3. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  4. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  5. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  6. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  7. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  8. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  9. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  10. 近況報告PartI

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP