[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

関連記事

  1. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  2. ニュースタッフ
  3. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  4. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  5. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  6. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  7. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  8. ODOOSをリニューアル!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  2. whileの使い方
  3. 個性あるTOCその③
  4. プロドラッグって
  5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  6. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  7. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  8. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  9. エピジェネティクス epigenetics
  10. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP