[スポンサーリンク]

archives

不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

C2662.gif

D3761.gif

N0166.gif

T0847.gif


Hartwigらは,基質分子内の水酸基を配向基として利用した,位置選択的な不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応を報告しています。
まず,[Ir(cod)OMe]2触媒の存在下,アルコールまたはケトンをジエチルシランと反応させることにより,ヒドリドシリルエーテルが生成します。
次いで,触媒として[Ir(cod)OMe]2,配位子として3,4,7,8-テトラメチル-1,10-フェナントロリン,水素受容体として2-ノルボルネンを加えて反応させることにより,Si–H結合とγ位の第一級C–H結合とで脱水素環化が進行し,オキサシロランを与えます。これを玉尾–フレミング酸化することによって,1,3-ジオールが得られます。本反応は種々のアルコールやケトンに適用可能なため,天然物合成への応用が期待されます。

E. M. Simmons, J. F. Hartwig, Nature 2012, 483, 70.

関連記事

  1. PdCl2(dppf)
  2. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. ヘキサメチレンテトラミン
  5. Horner-Emmons 試薬
  6. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  7. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  2. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  3. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  4. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  5. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  6. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  7. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  8. 進撃のタイプウェル
  9. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  10. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP