[スポンサーリンク]

archives

スマホページをリニューアルしました

今更ながら、スマホ用のウェブサイトを書き換え、完全スマホ対応としました。サーバー変更以前には、スマホ対応でしたが、ページが重く表示するのに時間がかかっていました。サーバーの変更・サイトの最適化によりかなり快適となりましたが、キャッシュプログラムを使っていたため、モバイル版との区別がつかず、PC版と類似したページを表示していました。

最近、

  • ページが不具合がでること
  • Google先生で「モバイルフレンドリーではありません。」と常に表示されていたこと
  • PC以外からの訪問者が40%以上を超えたこと

 

を考慮し、本日リニューアルを行いました。リニューアルをしたといっても、スマホ版Chem-StationはPC版と異なり、サイトの表示速度を優先し非常にシンプルで必要最低限の情報だけを掲載しています。モバイルフレンドリーテストにも合格しています。

2016-09-25_18-09-25

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ODOOSをリニューアル!
  2. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  4. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  5. ニュースタッフ参加
  6. 安全なジアゾメタン原料
  7. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  8. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  2. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  3. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  4. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  5. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  6. テキサス大教授Science論文捏造か?
  7. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  8. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  9. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  10. フェントン反応 Fenton Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP