投稿者の記事一覧

  1. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  2. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間…

  3. ゲルマニウムビニリデン

    分子の末端に" =C: " 部位を持つ化合物として、イソニトリル(RN=C:)があります。この窒素の…

  4. 単結合を極める

    炭素原子間に単結合を形成する方法、あなたはいくつ知っていますか?求電子剤および求核剤を用いた当量…

  5. ヘテロベンザイン

    有機化合物の化学的性質を、効果的に変える手法の一つとして、「化合物中の炭素原子を他の元素に置換する」…

  6. アルカリ土類金属触媒の最前線

  7. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  8. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  9. ホウ素-ジカルボニル錯体

  10. リンと窒素だけから成る芳香環

  11. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  12. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  13. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  14. 水素社会~アンモニアボラン~

  15. リガンド革命

  16. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン diazomethane
  2. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  3. 光学分割 / optical resolution
  4. ミッドランド還元 Midland Reduction
  5. スタニルリチウム調製の新手法
  6. アスパラプチン Asparaptine
  7. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP