[スポンサーリンク]

一般的な話題

【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏

testtubebaby.png

スウェーデンのカロリンスカ研究所は4日、2010年のノーベル生理学医学賞をケンブリッジ大学のロバート・G・エドワード名誉教授に授与すると発表した。授賞理由は「体外受精技術の開発」。授賞式は12月10日にスウェーデンのストックホルムで開く。賞金は1000万クローナ(約1億2400万円)(引用:読売新聞)。

残念ながら山中教授は受賞ならず。試験管ベイビーの生みの親でした。1978年の7月25日イギリスのマンチェスター市郊外のオールダム総合病院。世界ではじめての体外受精がここで行われました。
その記念すべき子供の名は、ルイーズ(女児, 2600g)。母はブリストル市のレズリー・ブラウン(32)で9年前に国鉄職員のギルバート(38)と結婚したが妊娠不可能と言われ、体外受精を行いました。
それを行ったのが、ケンブリッジ大学教授ロバート・エドワードと婦人科医パトリック・ステプトー(故人)でした。

ロバート・エドワード教授は1969年に体外受精(In vitro fertilisation:IVF)の方法を確立、その約10年後に実現に至った訳です。当時はあまりにもインパクトが有りすぎて多くのところでスクープされ、生命倫理の点において問題視されたこともありました。

 そういう点でこのようなテーマは生命倫理に関わる事なので受賞はないと思っていました。しかし、これまで累計400万人以上が体外受精によって誕生していることをみると、不妊治療を受けている夫婦にとっては非常に重要であった事は間違いないと思うのですが。

これらの胚細胞研究がES細胞やIPS細胞研究に繋がっていくと考えられるので、京大や山中教授のIPS細胞が受賞するならば、その前の技術が先ということではないでしょうか。

それよりも今回のノーベル賞のウェブキャストによる生中継、大変効果的であったと思います。画質も非常によく、つい3分前からパソコンの前で見入ってしまいました。むしろはじめてノーベル賞発表の中継を見る事ができました。明日の物理学賞、このサイトの訪問者にとって本番の明後日の化学賞も同じく中継するのでそれぞれの分野の人は、1年に一度のイベントですのでぜひご覧になってください。
とりあえずおめでとうございます!

  • 関連リンク
生命倫理のキーワード
体外受精、研究と応用
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  2. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  3. イボレノリドAの単離から全合成まで
  4. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  5. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  6. 有機EL素子の開発と照明への応用
  7. えれめんトランプをやってみた
  8. 糖鎖合成化学は芸術か?

注目情報

ピックアップ記事

  1. サリンを検出可能な有機化合物
  2. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  3. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  4. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  5. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  6. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】
  7. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  8. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  9. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  10. 2011年ノーベル化学賞予想ーケムステ版

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

ステープルペプチド Stapled Peptide

ステープルペプチド(Stapled Peptide)とは、短鎖ペプチドの二次構造を安定化させる目的で…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP