[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

PACIFICHEM2010に参加してきました!③

 

写真はハワイのワイキキビーチ。筆者は行ってません(涙)

読者の皆様。あけましておめでとうございます。2011年も宜しくお願い致します。
さて、前回前々回に続き、大好評の(?)どくたけによるPACIFICHEM2010の体験記です。そろそろ飽きてきたよ(苦笑)と思われる読者の方々もおられるかと思いますが、もうしばらくおつきあいくださいm(_ _)m

12/17日もハワイは快晴。きっとビーチは美しかったことでしょう(泣)
さて、この日のお目当てのセッションは”Asymmetric Orgnocatalysis”です。本セッションには、高名な日本人研究者の方がたくさんおられました。ニトロキシルラジカル型の酸化触媒、AZADOの開発で有名な岩渕好治先生、有機触媒の分野の注目の大井貴史先生、超原子価ヨウ素試薬を用いた反応で著名な北泰行先生、シカゴ大の山本尚先生です。
中でも今回は、北泰行先生のご講演について振り返ってみたいと思います。

北先生のご講演の内容は、主に超原子価ヨウ素試薬との出会いを踏まえて、その研究の経緯と現在立命館大で取り組まれておられる研究についてでした。(超原子価ヨウ素試薬を用いた反応については、ケムステの過去記事でも取り上げられたことがあるかと思いますので、そちらも併せてご参照ください。)近年では、この超原子価ヨウ素試薬を用いることで、遷移金属触媒を用いないカップリング反応等も新たに報告されています。
私事ですが、主に複素環骨格に対する反応開発が近年の主な研究テーマであった筆者にとっては、K. Fagnouらの報告(Sceince, 2007, 316, 1172 DOI:10.1126/science.1141956; ケムステ関連記事:アレーン類の直接的クロスカップリング)や北先生の報告(JACS, 2009, 131, 1668 DOI:10.1021/ja808940n )は非常にexcitingでした。中でも北先生のご報告は、ハロゲン化などの予備的官能基化を必要とせず、しかも遷移金属を必要としない反応ということで、有機合成化学的な興味・関心のみならず、環境科学的な視点からも非常に有用な反応であると言えるのではないかと思います。北先生らは、この反応の発見に端を発し、予備的官能基化を必要としない、ヘテロ芳香族化合物の直接的なカップリング反応を開発されています。本反応を用いることで、これまで達成が困難とされてきたチオフェン-ピロールクロスカップリング化合物の合成に成功されています。

 

hetArcoupling.jpg
本反応は、長瀬産業株式会社との共同研究によって導電性ポリマーとしての実用化を検討されているそうです。

北先生だけでなく、岩渕先生、大井先生、山本先生らに関しても、三者三様の独自のchemistryについて、緻密に、情熱的に、先駆的に研究が進められていると感じられました。筆者が考えるに、反応の力量とはこれすなわち、どれだけたくさんの人たちに自前の反応を使ってもらえるのか、ということではないかと思います。(反応に用いる試薬や条件が特殊ではなく)一般的であること、汎用性の高い反応であること、そしてやはり、簡便であること、これに尽きます。上記の先生方は、自らの基礎的な知見を磨かれ、高度なchemistryへとそれらを昇華されてこられました。筆者も、いつかは自分のchemistryが広く万人に用いられるような汎用性の高い反応になるよう、精進したいと改めて思いました。

どくたけはこの日、午後は別件で有機の会場にはあまりいられませんでしたが、この日は、Asymmetric Organocatalysisのみならず、Cooperative Catalysisと銘打った特別セッションが行われていました。筆者も聴講の合間を縫って何とか会場にいこうと思っていたのですが、例えばB.M.Trost先生などのご講演は会場から聴講者が溢れて立ち見が出る状況でした。しかも溢れた聴講者が廊下にはみ出して通行を妨げる始末。加えてVy.M.Dong(関連記事はこちら)、袖岡幹子先生、K.C.Nicolaou先生など、超豪華な講師陣がずら?っと名を連ねていて、聞きたい講演が目白押し!会場を行ったり来たりしていた筆者は十分には拝聴できませんでしたヽ(`Д’)ノウワァァァァン

 

さ?て、今回の記事はこの辺でおしまいです。どくたけによるPACIFICHEM体験記も残すところあと2回となりました。次回は、皆さんもよくご存知のJ.Y.氏が登場するかも知れません!煽るだけ煽っておいて登場するかは未定です(苦笑)

それでは、次回の記事にも乞うご期待ですm(_ _)mまだまだ続きます!!

 

The following two tabs change content below.
どくたけ

どくたけ

HNのどくたけはdoctor Kの略語です。 chem stationを通して、化学の素晴らしさ面白さ等を 伝えていけたらいいなと思います。 宜しくお願いいたします。
どくたけ

最新記事 by どくたけ (全て見る)

関連記事

  1. (+)-マンザミンAの全合成
  2. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」
  3. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  4. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  5. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  6. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転…
  7. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  8. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参…

注目情報

ピックアップ記事

  1. もし新元素に命名することになったら
  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  3. Modern Method of Organic Synthesis
  4. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  5. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  6. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  7. 目指せ!! SciFinderマイスター
  8. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  9. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  10. ランタノイド / lanthanide

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP