[スポンサーリンク]

一般的な話題

大学入試のあれこれ ①

 

大学入試もそろそろ終盤戦でしょうか。多くの国立大学では前期試験が終了したのではないかと思いますが、

「これまで力を発揮できなかった」という受験生の方も、最後まで諦めることなく頑張ってほしいと思います。

 

さて、今日は大学入試について書かせていただきたいと思いますが、内容は「つぶやき」というよりも「ぼやき」です。

勘のよい方は何の話かわかっていただけたことでしょう。

 

そうです。某国立大学の入試時間中に、その設問がインターネットの掲示板に投稿されたとのことで問題になっています。

正直私は(誰でもそうかもしれませんが)、こういった不正行為が本当に嫌いです。相撲の八百長問題というのも最近ありましたが、非常に不愉快なものです。一生懸命やっていた人にしてみれば、より一層不愉快でしょう。

 

化学の分野でも、これまでにデータの捏造など多くの不正がなされてきました。企業・大学問わず、他の会社・研究室と競争をしている以上、今後も不正が行われることは不思議なことではありません。

 

しかしながら、

  1. 何事も結果が全てかもしれないが、その「結果」というものが、きちんとした過程のもとにあってほしい。
  2. そして、心から化学に興味を持ち、化学が好きであってほしい。

 

上記の2点を心から願っています。化学が好きで研究している人であれば不正を行ったりはしないはずです。

 

若干重い話となりましたが、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. ニコラウ祭り
  2. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  4. ドーパミンで音楽にシビれる
  5. 単結合を極める
  6. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  7. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%…
  8. NeoCube 「ネオキューブ」

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  2. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  3. カルボラン carborane
  4. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  5. 田中耕一 Koichi Tanaka
  6. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  7. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  8. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  9. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  10. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP