Chem-Station

|Sponsored Advert|

一般的な話題

Ns基とNos基とDNs基

Ns基とNos基とDNs基
9月 26
09:45 2011
LINEで送る
Pocket

Ns基とNos基とDNs基Ns(ノシル=2-Nitrobenzenesulfonyl)基といえば、アミンの保護および活性化の役割を果たす非常に頼もしい保護基です。ご存じの通り、菅敏幸先生、福山透先生によって開発された保護基です。

Kan, T.; Fukuyama, T. Chem. Commun. 2004, 353.

DOI: 10.1039/b311203a

言うまでもないと思いますが、Ns基はチオフェノールなどのチオールを求核付加させると、Meisenheimer錯体を経由して脱保護されます。この脱保護の反応条件は、多くの場合、他の保護基とオルトゴナルに脱保護することができます。

Ns2.gif

Ns基は2位にニトロ基を持ちますが、保護、アルキル化、脱保護のどの観点からしても、ニトロ基の位置は4位でも良い気がします。むしろニトロ基は4位にあった方がNMRの芳香環領域が見やすくて良い気がします。

 

一般的な表記ではないかもしれませんが、「人名反応に学ぶ有機合成戦略」という本では、この4位にニトロ基を有するタイプの保護基(すなわち4-Nitrobenzenesulfonyl基)を「Nos」という略語で示しています。実際Nos基でもNs基と同様の反応が行えるようです。しかしながら、保護基の導入において用いるNosClは、NsClと比べると非常に高価なので、あまり好んで利用する人はいないでしょう。これら2つの保護基が反応性に影響を及ぼすという報告例があれば面白そうです。

 

2位と4位の両方にニトロ基を有するタイプの保護基はときどき見かけます。DNs基です。

DNs.gif

ニトロ基が増えた分、Ns基よりも弱い求核剤でMeisenheimer錯体を形成し、容易に脱保護されます。今年、福山先生の講演を聞く機会があったのですが、「Meisenheimer錯体」が今、有機化学の教科書にきちんと載っているか心配されていました。

Meisenheimer錯体、ちゃんと多くの教科書に載っています。教科書の知識をいかに日々の研究に活かそうとするか、というところがNs基のケミストリーのような面白いケミストリーの発展に繋がっていくわけですね。

追記
静岡県立大の菅敏幸先生より
1)Nos基よりもNs基を用いる理由
2) DNs基の利点
3) 脱保護に用いるチオールの悪臭問題の解決法

を直接教えて頂きました。ありがとうございます!

Nos基(p-ニトロベンゼンスルホニル)でなく、Ns基(o-ニトロベンゼンスルホニル)を第一選択としている理由は、安価であることも一つの理由です。しかし、それだけでなくNos基の脱保護では副反応が進行する報告があるためです[1]
また、光延反応を行う場合はNs基の方が良好である場合が多いです。DNs基は、Ns基存在下、選択的な除去が可能[2[であり、より穏和な条件にて脱保護できるため不安定な化合物合成に有効です。[3]

また本保護器の脱保護の際、チオフェノールの悪臭の問題をよく聞かれます。アミン合成の場合は、過剰量を必要としますが4-カルボキシフェニルチオールを用いると微臭かつ後処理が簡便なようです。[4] また、フェノールのNs保護体の場合は 、2-アミノフェニルチオールが簡便です。

 

参考文献

[1]  Wuts, P. G.M.;Northuis,  J. M. Tetrahedoron Lett, 1998, 39, 3889. DOI: 10.1016/S0040-4039(98)00684-4 
[2] Fukuyama, T.; Cheung, M.;  Jow, C-K.; Hidai, Y.; Kan. T. Tetrahedron Lett. 1997, 38,  5831. DOI: 10.1016/S0040-4039(97)01334-8 
[3] Wakimoto, T.; Asakawa, T.; Akahoshi, S.; Suzuki, T.; Nagai, K.; Angew. Chem. Int. Ed.  2011, 50, 1168.  DOI;10.1002/anie.201004646
[4] M. Node et. al, Synth. Commun 2008, 38, 119.
[5] Aihara, Y.; Yoshida, A.; Furuta, T.; Wakimoto, T.; Akizawa, T.; Konishi, M.; Kan, T. Bio. Med. Chem. Lett, 2009, 19, 4171. DOI:10.1016/j.bmcl.2009.05.111

by  ブレビコミン 2011.11.6

 

関連書籍

 

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか? お医者さんにいくと、X線を使って僕らは自分の体の中の情報を知ることができます。 化学や物理の実験室にいくと、X線を使って僕らは分子や原子の情報を知ることができます。 体の調子が悪い時に、何が原因で知ることが重要なように、なにか新しいものを発見した時に、どのようなメカ […]
  • Org. Proc. Res. DevのススメOrg. Proc. Res. Devのススメ 皆さんは、Organic Process Research & Development (OPRD)という論文を知っていますか?(図:Organic Process Research & […]
  • 化学研究ライフハック:これまでの記事を総まとめ!化学研究ライフハック:これまでの記事を総まとめ!   ケムステで継続的に紹介してきた、情報処理テクニックシリーズ「化学研究ライフハック」。ずいぶん記事が溜まりましたので、ここらで一度まとめておきましょう。数行コメント・お役立ち度メーターもつけちゃいます。 どれも自信を持ってオススメできるテクニックばかりで […]
  • 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ   著者の川上量生氏は、ニコニコ動画創設者であり、ドワンゴ社の代表取締役会長。先日「新卒就活に受験料を課す」と発表したことでも話題を呼びました。 当人は京大工学部卒、実は化学を専門にしていたらしい。はたまたジブリに弟子入りした経験まで持つという・・ […]
  • おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~ 筆者の稼業はれっきとした大学教員(化学者)です。毎日実験ばかりしてるイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 しかし前にも少し書きましたが、実態はそうでもありません。実にたくさんの文章を書く機会に遭遇します。グラントの申請書、論文、学会要旨、報告書という成果直結型の文章 […]
  • 構造式を美しく書くために【準備編】構造式を美しく書くために【準備編】 化学はとにかく「ビジュアル要素」が強い学問です。分かりやすい文章を書くだけでは「化学」を伝えるのに不十分であり、化学構造式に気を遣わない姿勢は、全く片手落ちといえるでしょう。 普段我々が何気なく見ている論文にしても、どれも整ったバランスで構造式が仕上がっています。綺麗な紙 […]
  • クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれクロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ     有機化学者の必須ツール「クロスカップリング用  […]
  • 化学素人の化学読本化学素人の化学読本  あるところに間抜けな本読みが居りました その者は一字一句、一式一記号全て理解しないと全く先に進めなかったのであります・・・ Tshozoです。 これまでの記事でうすうすご存知と思いますが、私は正式に化学を学んだ人間ではないため、やや偏った知識に基づいて […]
  • おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~   さてさて本シリーズは「巷でちやほやされてる英語より、タイピングを超速化するほうがずっと簡単だし生産性上がるぜ」という趣旨で提供しております。異論は認めません(笑) 初級編ではブラインドタッチをご紹介しました。これすらできないお方はそもそも門前払いという、な […]
  • 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ 30歳以上の方にはなじみの深いであろう「学研まんがシリーズ」。その中で非常に印象深かった『コロ助の科学質問箱』を交えてトピックをご紹介します。 Tshozoです。ああいう記事を書いたからと言ってそちら側のケは御座いません。 今回実家に戻って書籍整理をしていて […]
LINEで送る
Pocket

About Author

らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。

キャンペーン

PR