[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”

 

アメリカ留学シリーズです。

まずアメリカのPh.D.コースというのは日本の博士課程と何が違うのかというのを大まかに書いていこうと思います。

(この文章で書かれるケースはあくまで北米の1大学のケースを基にしていて、すべての大学がこのシステムに準じるものではありません。あくまで参考程度に読んでください)

1.取得期間に関して

サイエンス分野でのアメリカのPh.D.コースというのは日本で言う修士課程と博士課程がくっついたものです。取得までにおおよそ5年程度を要するのが普通です。日本の修士が2年、博士が3年それぞれかかるのが平均だと思いますので、全体でかかる時間はほぼ同じです。もちろん研究の進捗具合などでも取得時間は前後しますし、研究室の先生のPh.D.というものに対する考え方みたいなのも大きいファクターです。

ちなみにエンジニアリング系になると日本のようにマスターとPh.D.はかっちり分かれているケースが多い気がします。ただしこのような学科では、奨学金が提供されていることは少なく、企業から派遣されている研究者の方が多いイメージです。

 

2.やらなくてはいけないことに関して

アメリカの大学の卒業式といえば、ふくろう博士のあの帽子とガウンです。しかしそこに辿り着くまでにクリアする課題は幾つもあります。その中の幾つかは日本の博士課程にも共通するものですが、幾つかは特異的な要件も挙げられます。

ここでは “キュームテスト”、“中間公聴会”、“授業”を紹介したいと思います。

キュームテストというのは最新論文を読み込む能力が付いているかを試すテストです。お題の論文はある先生から1週間前に提示されます。そしてその論文をどれだけ理解しているかを測るテストが課されます。そういったテストを規定回数合格しなくてはいけません(例えば9回中5回合格しないとDrop!)。これに失敗すると、Masterコースへの編入を余儀なくされ、Ph.D.コースはFailということになります。

中間公聴会というのは自分の研究や研究のプロポーザルを先生たちの前で発表して、質疑応答に耐え忍ぶというテスト(チャンスは2回で失敗するとDrop!)です。

こういった試問はアメリカのPh.D.コースならではのシステムで、そしてこれに失敗してMasterコースに逝ってしまうことが意外と多いというのが“The アメリカのPh.D.”という感じです。

 

3.授業に関して

アメリカに来ていちばん日本と違うなと思ったのが、授業の位置づけです。日本では修士課程以上になると割と研究室での研究が授業よりも重視されていたように思います。

しかしアメリカではかなりがっつりとした授業をきちんと取らされ、一定以上の成績をとらなくてはDropになってしまいます。そのため学生は初めのうちは研究室に全くいかずに授業に集中することになります。

 

ここで留学生的に気になる、英語での授業に関してなのですが日本で英語の論文を読んでいるような人であれば気合でなんとかなるレベルのものであると付記しておきます。また化学の英単語は意外と安易な単語が使われていて馴染みやすいです。例えば日本では「配位」という単語はおおよそ化学に携わっていないと使わない単語ですが、英語では「Coordination」です。「服をコーディネートする」と同じ単語です。それに加えて先生もインターナショナルの生徒にはある程度なれているので、頑張ればいけます。

 

授業は修士持ちであれば、幾つかはトランスファーできます。ですが、1から取ると初めの1年半以上は授業に集中しなくてはいけない程度の単位が要件となっています。

時間をかなり食われるアメリカPh.D.の授業の体系ですが実際賛否両論あるきがします。個人的には日本での修士時代に散発的に得た知識をアメリカで体系的に学び直す事ができて、それはとっても良かったです。

 

4. 授業をしなくてはいけない

そして自分の授業に加え、僕の学科は少なくとも3セメスターのTeachingが課されていました。つまり学部生の化学の授業を受け持つのです。 配属される授業にもよるのですが、仕事内容は実験の授業の補助や定期テストの制作、採点、あとチューターみたいなことから、はては実際に生徒の目の前にたっての授業まで。これはインターナショナルの生徒にとってはかなりの大仕事で、特に僕はかなり苦手でした。またセメスターの最後に普通の先生と同様に、生徒に評価のアンケートを取ったりします。これの評判が良いと学期末の全体ミーティングで表彰されたりします。

 

そして研究、卒業へ

上のRequirementをすべて満たしたら、晴れて研究に没頭できる環境が作られます。研究室の財政具合によってはTeachingをずっとしなくてはいけないこともありますが、財政的に余裕のある研究室ではResearch Assistantをあてがわれることがあります。これは研究をすることによって給料がもらえるAssistantshipで、煩雑なTeachingでの仕事をしなくて済むことになります。

そしておもに研究室のボスから課された課題をクリアして幾つかの論文をPublishすると晴れて卒業というのが流れです。

 

日本よりもやらなくてはいけないRequirementの種類は多い気がしますが、全て終わってみればいい経験で、本気をある程度出さなくてはいけない事も多いので、なかなか楽しいですよ。

今度はそろそろ入学願書を出す頃ということもあり、Ph.D.コースへの入学願書みたいなことでも書いていこうかと思います。

 

関連書籍

 

 

関連記事

  1. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  2. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  3. Slow down, baby, now you’r…
  4. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…
  5. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  6. キッチン・ケミストリー
  7. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  8. NeoCube 「ネオキューブ」

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  2. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  3. オキサリプラチン /oxaliplatin
  4. ジアゾメタン diazomethane
  5. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  7. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  8. TBSの「未来の起源」が熱い!
  9. ヒバリマイシノンの全合成
  10. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP