[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

優れた研究者は優れた指導者

よく耳にするタイトルのフレーズですが、優れた研究者は優れた教育者。

先日、実感するエピソードを聞きましたのでご紹介します。

とある超有名先生のお話。有機化学では人名反応にもなっているほどのビッグネームの先生で、筆者が学生の時分には既に退官されており、特別講演を聞く機会が一度あっただけでした。講演は反応開発から全合成を、研究のエピソードを交えた、年齢を感じさせないエネルギッシュな内容でした。

 

先日、その有名先生の研究室出身の方と話す機会がありまして、筆者からすると既に伝説で、非常に厳しかったという噂だけを聞いているという話をしたところ、個々人をみて、合わせた指導が非常に上手いところが凄いということでした。

具体的には、全員にこまめに声をかけ、うまくいっていない人には、細かい指示ややることをどんどん与えていき、あるレベルになった人や、うまく進んでいる人には自分で考えさせるような方向性へ誘導するようにされていたとのことです。

筆者が本当に驚いたのは、確かに厳しい先生だったけれども、研究室に来なくなった人はゼロ!! とのことでした。(ちなみに筆者の所属研究室では、筆者の修了までに5人ほど・・・。)他の研究室の方と話しても、朝来たら先輩の机の荷物がすべてなくなっていたとか、欝を発症し朝苦しくて起きることさえできなくなったなどなど、よく聞いていたため、ゼロというのは非常に驚きでした。

大学院に限らず、企業でも、メンタルダウンで出社できなくなる事例は多く、接し方などに頭を悩ますことに直面もするのですが、その先生のように相手を大事にしていくことを心の片隅に置いておきたいと思ったお話でした。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.

lcd-aniso

企業にてディスプレイ関連材料の開発をしております。学生時代はヘテロ原子化学を専攻していました。私のできる範囲で皆様に興味を持っていただける 話題を提供できればと思います。

最新記事 by lcd-aniso (全て見る)

関連記事

  1. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  2. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  3. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何…
  4. マイクロプラスチックの諸問題
  5. 大学入試のあれこれ ②
  6. アイルランドに行ってきた①
  7. YMC研究奨励金当選者の声
  8. 未来のノーベル化学賞候補者

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

  1. へ?これはそういうケースがあったという話であり、一般的にはであれかしとかそういう場合もある(あえて「稀に」とはいわんがが)て話だろ。そういう全称命題と紛う言い方は不適切ではないか。ていうか不適切。

  2. いやいや、研究業績で選ばれた教授が指導者としてはアレで学生が次々と鬱とかよくある話じゃないですか。才色兼備の人がたまたま一人いたくらいで、「イケメン=才能がある人」の方程式が成立しないのといっしょです

  3. いややっぱり世の先生がたが研究者と教育者両方やってるってのは凄いと思うわ。

  4. 優れた指導者は優れた研究者である場合が多いはあるかも、と思うけど、その逆、タイトルはまぁないんじゃないかなって思ってます。

  5. これとは微妙に違うけど、一流物理学者=みんなファインマンやらアインシュタインみたいな感じ、みたいな無根拠偏見ある希ガス

  6. この話題に出てくる方や山中先生は寧ろ例外.『名選手必ずしも名コーチに非ず』の方が多いのでは

  7. 有機合成化学は,メンタル的にきつい研究室が多いからなあ。ブラック度では,理学部随一かもしれない。

  8. 両立する人も、たまにいる?

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子を”見る” その2
  2. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  3. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  4. エドマン分解 Edman Degradation
  5. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  6. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  7. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  9. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring
  10. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP