[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ビール好きならこの論文を読もう!

暑い季節になりました。そろそろビアガーデンに行き始めた読者もいることでしょう。というわけで、今回はAngewandte Chemie International Editionに掲載された、ビールに関わる論文 [1] を紹介したいと思います。

今回の論文は私にとってあまり馴染みのない分野のものなのですが、ジャーナルの年間アクセスランキングで目に入ったので読んでしまいました。そのタイトルは”Absolute Configuration of Beer’s Bitter Compounds”。Nature [2] にも取り上げられ、Altmetric scoreも3桁・最上位クラスに位置しています。世界中のビール好きが注目したのでしょう。

ビールの苦みを出す原料・ホップに含まれるフムロンという成分やその誘導体は古くから研究されているようです。さまざまな異性体や誘導体があり、消炎などの作用 [3] が期待されています。

今回、これまで諸説あったフムロン誘導体の絶対立体配置がX線回折測定により精確にわかりました。これにより、生理作用に関する研究が進むかもしれないとのこと。タイトルだけでなく本文もカジュアルなので、ビール片手に読んでみることをオススメしたいと思います。

参考文献

  1. “Absolute Configuration of Beer’s Bitter Compounds”, J. Urban, C. J. Dahlberg, B. J. Carroll, W. Kaminsky, Angew. Chem., Int. Ed. 2013, 52, 1553-1555. DOI: 10.1002/anie.201208450
  2. “Chemistry: X-rays read beer’s bitter chemicals”, Nature 2013, 495, 9. DOI: 10.1038/495009f
  3. “META060 inhibits multiple kinases in the NF-kB pathway and suppresses LPS – mediated inflammation in vitro and ex vivo“, A. Desai, V. R. Konda, G. Darland, M. Austin, K. S. Prabhu, J. S. Bland, B. J. Carroll, M. L. Tripp, Inflammation Res. 2009, 58, 229-234. DOI: 10.1007/s00011-008-8162-y
The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. (+)-マンザミンAの全合成
  2. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  3. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  4. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  5. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  6. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  7. CYP総合データベース: SuperCYP
  8. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  2. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  3. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  4. ノーベル化学賞は化学者の手に
  5. グレーサー反応 Glaser Reaction
  6. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  7. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  8. 私が思う化学史上最大の成果-2
  9. メンデレーエフスカヤ駅
  10. 国際化学オリンピックで今年も好成績!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Glenn Gould と錠剤群

Tshozoです。突然ですがこの動画をご覧ください。元々は" the CBC show, "…

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP