[スポンサーリンク]

会告

東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報

東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報のご案内

東京大学大学院理学系研究科化学専攻(東大化学)で修士、博士をとって、世界に、そして未来に羽ばたこう!

他大学・他学科からの学生は大歓迎です!

Join Us and Create the Future with Us!

化学は様々な学問の根底にあるため、化学を極めることで将来多くの分野を開拓することができます。そんな野望をもったあなたには東大化学がピッタリです。東大化学には学問としての化学の域にとどまらず、幅広い分野につながる魅力的な研究室がぎっしり詰まっています。東大化学は世界トップクラスの研究を行っている研究室が 集結した、国内屈指の化学系学科です。どんな方でも周囲の仲間と切磋琢磨して成長できる、非常に恵まれた研究環境があなたを待っています。東大化学でのあなたの研究がきっと、夢の新素材、革新的な新薬、人類を救う医療技術、クリーンエネルギーの実現につながります!

修士課程入試情報(定員大幅増員!) 博士課程入試情報 

出願期間:7月1日~7月7日

posters_Page_1posters_Page_4posters_Page_2

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に…
  2. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】
  3. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  5. 組曲『ノーベル化学賞』
  6. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  8. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  2. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  3. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  4. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  5. フラクタルな物質、見つかる
  6. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  7. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  8. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  9. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  10. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP