[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

はじめまして、やぶと申します。現在、高専の専攻科という過程で学んでいます(学部3-4年レベルです)。ケムステの有機反応データベースにはお世話になってきたのですが、類似した人名反応等を横断的に眺める記事があれば面白いのではないかと思い、このたびケムステスタッフに仲間入りすることになりました。これから有機化学を学ぶ方や、私と同じように勉強している方々にとって有益な記事を書きたいと思っています。まだまだ勉強の真っ最中ですので、間違い等があればご指摘くだされば嬉しいです。

自己紹介はこのあたりにして、今回はシグマトロピー転位を含む反応について紹介します。この反応は、私自身初めて見た時に理解しにくかったので、そのあたりの事情も含めて説明していきたいと思います。

 

求電子剤と求核剤を定義できない?

シグマトロピー転位の最も単純な例としてCope 転位の反応式を下に示します。

2016-09-14_09-45-43

 

反応の形式に注目すれば、1つの σ 結合がで示した位置に移動して、それに伴って二重結合の位置も動いていることがわかります。このようにシグマ (σ 結合) の位置がトロピー (ギリシャ語で「変化する」の意味) していることから、この種の反応はシグマトロピー転位と呼ばれます。

この反応の機構を書く方法として、下の式のように電子の動きを表す巻矢印を環状に回して表すことができます。ところが、巻矢印を右回りに書いても左回りに書いても生成物の構造とつじつまが合ってしまい、いわゆる求核剤と求電子剤を定義できません。

典型的な有機反応は、求核剤が求電子剤に攻撃するというメカニズムですが、この反応はそのような機構とは異なっているようです。

2016-09-14_09-46-08

反応機構?

 

電子が共役系を介して伝わる

この反応のメカニズムを理解するには、遷移状態の立体配座を書いてみたほうがしっくりきます。

2016-09-14_09-47-05

 

この遷移状態の図における点線は、「σ 結合電子の存在情報が共役系を介して伝わる」様子を表しています。具体的に言うなら、σ 結合と π 結合が平行に並ぶことで、共役系の端で互いに向き合っている p軌道の間に新たな σ 結合が形成され、それと同時に平行に並んでいた元の σ 結合と隣接する p 軌道から π結合が生じるといった具合でしょうか。

次に述べることは私の勝手なイメージですが、この反応は「σ 結合が π 軌道と平行に並ぶことで、あたかもトンネル効果のように σ 結合電子の存在情報が共役系を介して伝わり、σ-π 共役系の電子が再配列される」ものだと考えられます。とにかくこの反応には量子力学の原理が働いています。

2016-09-14_09-47-58

シグマトロピー転位の分類

続いて、他のシグマトロピー転位も見てみましょう。

上に示した Cope 転位は σ 結合の位置が出発する原子から見て、3 位と 3 位の原子に移動するため [3,3] シグマトロピー転位に分類されます。つまり、出発する原子から見て、m 位とn 位に新たな σ 結合が形成されるものを [m,n] シグマトロピー転位と表現するわけです。Cope 転位は遷移状態に形成される環の構成原子が全て炭素原子であるような [3,3] シグマトロピー転位のことを言います。

 

 

[3,3] 以外のシグマトロピー転位の例として [2,3]-Wittig 転位があります。

2016-09-14_09-48-27

 

この反応では、遷移状態が 6 員環ではなく 5 員環構造ですが、電子的に見ると同じです。すなわち、Cope 転位では π 電子であったところの 2 電子が、カルボアニオンのローンペア 2 電子に置き換わっているだけで、σ 結合が共役系を伝わっていく様子はよく似ています。

[m,n] シグマトロピー転位を鍵段階に含む反応はいくつもありますが、それらの反応の様子自体は変わりません。そして反応に関与する分子鎖の構成原子がヘテロ原子であっても構いません。そもそも求核剤と求電子剤を定義できないため、分子鎖での π 結合と σ 結合の並び方のみが重要になるからです。

それでは、それらのシグマトロピー転位を含む反応をいくつか紹介します。それらは、「(1) 転位を起こす前の基質の構成原子」あるいは「 (2) 何が反応を駆動するか」が異なるだけです。

最初に紹介したCope 転位の例は出発物と生成物が同じであるため、可逆反応です。しかし、適切な位置にヒドロキシ基を持つ基質では、続いてケトエノール互変異性によって結合の強いカルボニル基が形成し、反応が不可逆的に進行します (Oxy-Cope 転位)。

2016-09-14_09-48-45

 

一方、分子鎖中に酸素を含み、 C-O σ 結合が共役端の C-C 間へと移動するタイプのものが Claisen 転位です。この反応では、カルボニル基が形成されるため生成系が有利になります。

2016-09-14_09-49-13

 

このように基質中にO, S, N 原子などのヘテロ原子を含む場合には強い結合の形成が駆動力となって反応が進行します。

要するに [3,3] および [2,3] シグマトロピー転位は、「環状の遷移状態から σ 結合が共役系を介して移動する」というもので、σ 結合や π 結合の立体的配置をイメージしておけばその反応の類似性が理解しやすくなると思います。

というわけで、[3,3] および [2,3] シグマトロピー転位を鍵段階に含む反応の簡単なスキームとその駆動力を以下にまとめました。

反応名 (1) 基質の構造

(2) 反応の駆動力

Cope 転位 (1) 1,5-ジエン

(2) 多置換オレフィンの生成、出発物のひずみ

2016-09-14_09-49-51
oxy-Cope 転位 (1) 1,5-ジエン-3-オール

(2) ケトエノール互変異性によるカルボニル基の生成

2016-09-14_09-50-20
(脂肪族) Claisen 転位 (1) アリルビニルエーテル

(2) カルボニル基の生成

2016-09-14_09-50-40
Carroll 転位 (1) β-ケトアリルエステル

(2) カルボニル基の生成、続く脱炭酸

2016-09-14_09-51-02
(芳香族) Claisen 転位 (1) アリルアリールエーテル

(2) 芳香族性の再生

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-23-30-13
[2,3] Wittig 転位

(1) アリルアルキルエーテルの脱プロトン化で生じるカルボアニオン

(2) 酸素アニオン(アルコキサイド)の生成

2016-09-14_09-52-40
Mislow-Evans 転位 (1) アリルスルホキシド

(2) 求核剤による生成物アリルスルフェナートの捕捉

2016-09-14_09-53-05
他にも、Aza-Cope 転位Overman 転位Ireland-Claisen 転位Sommelet-Hauser 転位Fischer インドール合成などがあるので、それぞれの記事も参照してください。

 

関連反応

本連載の過去記事はこちら

関連書籍

The following two tabs change content below.
やぶ

やぶ

高専生。Chem-Station を見て育った学生として、このコミュニティをより盛り上げていきたいです。米国大学院への学位留学を準備中。

関連記事

  1. ビール好きならこの論文を読もう!
  2. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  3. 米国版・歯痛の応急薬
  4. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  5. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  6. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  7. 小さなフッ素をどうつまむのか
  8. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  2. やっぱりリンが好き
  3. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  4. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  5. 石テレ賞、山下さんら3人
  6. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  7. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  8. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  9. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  10. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP