[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

as well asの使い方

as well as 」は日本人学者が英語論文を書く際に最もよく誤用される表現の1つです。

その誤りの多くは「as well as」が「and」と同様に使用できるという誤解に起因するものです。実際のところ、2つの表現は類似した意味を持ってはいますが、それらの間には意味上、および文法上の重要な違いがあります。

「as well as」は、「and」と似た意味を示す場合には、前置詞の働きをし、「and」よりむしろ「in addition to」に近い意味を持っていると言えます。それゆえ、「A as well as B」と表現する場合、「A and B」が表す「AとBは等価である」という「対称性」は持たず、むしろ「BだけではなくAも」、「Bと同様にAも」、「BはもちろんだがAも」、「Bに加えてAも」というように、AとBの関係の「非対称性」を示します。

as well asの誤用及び修正例

以下に「as well as」によく見られる誤用およびその修正例を示します。

[誤] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method as well as the second method are applicable to systems of long homopolymers.
[正] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method and the second method are applicable to systems of long homopolymers.

 

[誤] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma as well as shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma and shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the case of blunt trauma, as well as shaking trauma.

 

[誤] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, as well as increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, and increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition and urbanization and specialization, in addition to that of increased standard of living.

 

[誤] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes parliamentary republics as well as presidential republics.
[正] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes presidential republics as well as parliamentary republics.

[誤] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature as well as decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature and decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the case of increasing temperature as well as decreasing temperature.

 

[注1] 「as well as」には主な用法が2つあります。そのひとつはここで取り扱うもので、もうひとつは「as [副詞・形容詞] as」という一般的なパターンの一例として、つまり「~と同じ程度によく(うまく)」という意味で用いられる場合です。後者の用法では「in as satisfactory a way as」、「with equal skill as」、「with equal thoroughness as」、「as carefully as」、「to the same degree/extent as」、「as much as」などの表現と同じ意味を持ちます。そのような意味で用いられる場合、誤用は比較的少ないのでここでは取り扱いません。また、標準的ではない用法もいくつか存在しますが、それらをここで考察することはしません。

詳しい解説についてはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第19章をご参照ください。

化学論文での「as well as」の利用例

Typically, a [3]-ladderane is attached to the central sn-2 position by an ether linkage; [5]- and [3]-ladderane lipids, as well as common straight-chain lipids, are found ether- or ester-linked at the sn-1 position. 引用: 10.1021/jacs.6b10706

According to Blanchet’s research, this catalyst was successfully applied to the direct amidation of aliphatic, α- hydroxyl, aromatic, heteroaromatic acids, and N-Boc-protected amino acids as well as primary, secondary, and heterocyclic amines. 引用:10.1021/acs.joc.6b02358

Ideally, this alternative activation mode would provide complimen- tary periselectivity, as well as enable cycloaddition with partners other than alkenes. 引用:10.1038/NCHEM.2594

%e8%8b%b1%e6%96%87%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%b4

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 原子量に捧げる詩
  2. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用…
  3. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  4. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  5. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  6. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応
  7. ケミストリー四方山話-Part I
  8. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. インドール一覧
  4. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  5. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  6. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  7. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  8. 天然の保護基!
  9. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  10. 究極のエネルギーキャリアきたる?!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP