[スポンサーリンク]

キャンペーン

ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

ここ数年で一挙に広まったフラッシュ自動精製装置。昔は、山善、ちょっと前まではバイオタージしかなかったのに、最近はさらに数社が発売しています。前どこかで書いたかもしれないですが、筆者の研究室では普通のガラス管を使ったカラムは行いません。場所をとる上に、シリカゲルが舞うので実験台が汚くなり余り好きではないからです。シリカゲル系をもちいた化合物の精製はPTLCもしくはフラッシュ自動精製装置を使っています。

さて、その中圧精製装置にはもちろんシリカゲルカラムが必要であり、各社精製装置メーカー・シリカゲルメーカ・そうじゃなくとも「フラッシュカートリッジカラム(ディスポーザブルカラム)」を発売しています。

代表的なものを揚げると以下の通り。

まだまだあると思います。「一体どれだけあるんだよ!」「価格以外に何が違うんだよ!」とお思いの方は多いと思います。

細かいこと言うと中身や大きさのバリエーションやコネクターの形状・そしてそもそもシリカゲルのサイズ・質も異なってくるのですが、これは価格も好みも違いますのでとりあえず置いておいて、その疑問の解決方法は

まずは試してみる

だと思います。毎日訪問してくれている業者さんに「上リストのやつ全部サンプルください!」と頼めば手に入れることができるかもしれませんが、たまたま惜しげもなく配布しているキャンペーンが有りますので、今回はそのキャンペーンを紹介します。

Revelerisフラッシュカートリッジプレゼント

昨年末から、本サイトの左の方に以下のバナーがでていたので、知っているかたはいると思いますが、日本ビュッヒが、「フラッシュクロマト用カートリッジ」をもれなくプレゼントキャンペーンを行っています。

さらに同社のフラッシュ自動精製装置Reveleris®(リベラリス)を購入の場合は15万円相当分のカートリッジもプレゼントしてくれるそうです。消耗品ですありいくらあっても問題ないと思いますのでこれはお得です。とはいえど、このフラッシュ自動生成装置に関しては使ったことがないので、言及は避けるとして(デモしてぜひ感想を教えて下さい!)、いずれにしてももらえるものはもらって試してみようということで、うちのラボでも申し込んでみました。申込みはとっても簡単で、キャンペーンサイトを訪問して必要事項を入れるのみ。3分もかからず終わります。基本的に誰でも申し込めると思います。というわけで知らないうちに学生が申し込んでいまして、届いたものがこちら。

ちいさっ!手がおおきいわけでなく、みたまんまの大きさです。製品名はGraceResolvといって、シリカゲルが4g入ったカラムが8本はいっていました。ただ、こんなに小さくても粗生成物0.8gまでマウントできるようです。粒径がかなり小さいため分離能もよいとのこと。ルアーロック式なのでどの精製装置にも使えますね。今度実際に使ってみようと思います。ちなみにカタログにあったデータでは、ピーク分離能も、推奨サンプル量も他社に比べて優れているとのこと(以下一部掲載)

GraceResolvの性能(出典:日本ビュッヒカタログより)

 

というわで、折角なんでぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか?なくなり次第終了だそうです。お早めに!

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. 触媒的芳香族求核置換反応
  2. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  3. アジリジンが拓く短工程有機合成
  4. 高分子界の準結晶
  5. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.c…
  6. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  8. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

コメント

    • チザニジン
    • 2017年 1月 11日

    ただでもらえるって素晴らしいですね!
    ただ、どこのメーカーも「他社と比べて分離ピークが優れている」っていう謳い文句で
    チャンピオンデータで言ってるんだろうなぁと思うこの頃です。
    まずは使ってみないとですね。さっそく申し込んでみます!

    • webmaster
      • webmaster
      • 2017年 1月 12日

      粒径が同じならば殆ど変わらないというのが答えでしょうか。ただそれぞれ形状や大きさ、ゲルの種類などいろいろありますので、使ってみて安くてよいものを選ぶのが一番です。頂いたものはコンパクトで小スケールにはよかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  2. 金大発『新薬』世界デビュー
  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  4. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  5. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  6. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  7. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  8. Classics in Total Synthesis
  9. 化学研究ライフハック: Evernoteで論文PDFを一元管理!
  10. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

Evonikとはどんな会社?

Tshozoです。こないだ紹介したAkzonobelつながりで今回はドイツ特殊化学品の雄 Evoni…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP