[スポンサーリンク]

一般的な話題

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の続報に関するお話です。

Stoltz, Grubbsらは2015年に、触媒量のt-BuOKを用いると、ヘテロ5員環化合物とヒドロシランによる脱水素シリル化反応が進行することを発見してます(1)。最近彼らは、同触媒を利用し、末端アルキンとヒドロシランによる脱水素シリル化反応を達成しました (図1)(2)

図1

 

触媒にはt-BuOKだけでなく、KOHやNaOHも適用できるそうです。反応には種々の官能基を有するアリールアセチレンやアルキルアセチレンが利用できるうえ、操作は触媒と溶媒をまぜて加熱するだけなので、非常に手軽に行えるよい反応だと思います(論文はarticleですが、その大部分が基質適用範囲に関するもので、メカニズムに関する情報はほとんどありませんでした)。

この論文に関して強調しておきたいことがあります。末端アルキンとヒドロシランによる脱水素シリル化反応は、実は報告例があるのです。2012年、明治大学の土本晃久教授らがZn(OTf)2とピリジンを触媒として用いた同様の反応を報告しています (図2)(3)

図2

この反応は、参考文献として引用されていないわけでなく、Stoltz, Grubbsらの論文では、末端アルキンと「シリルトリフラート」の反応として紹介されていました。シリルトリフラートは高い求電子性を有するため、末端アルキンと反応してもさほど驚きはしません。土本らの論文の売りは、扱いやすく比較的求電子性の低いヒドロシランがシリル化剤として利用できる点にあります。しかも、シリルトリフラートが反応に関与するというのは、土本らの論文を読み込まないと分からないはずなので、反応の新規性を強調をしたいために、意図的に「ヒドロシラン」でなく「シリルトリフラート」と紹介をしたのでは?と疑いたくなります。

たとえ有名研究者の論文であったとしても、書いてあることを鵜呑みにしてはいけないと、改めて感じさせた論文でした。

なお、筆者は土本先生に頼まれてこの記事を書いたわけではありません。Newtonが「巨人の肩の上に立つ」という言葉を残しています。どこまでが巨人の功績で、何が自分の成果なのかをはっきりさせない姿勢は、今回取り上げた論文に限らず学会でもときどき見かけます。今回は、自戒を込めてこの記事を執筆した次第です。

追記(2017年2月25日)

Stoltz, Grubbsらは土本教授らの論文こそ引用ミス (おそらく15bと15cが逆) していましたが、脱水素シリル化反応については別途きちんと引用していました。
著者らの名誉を傷つけてしまったこと、自分の調べが甘かったこと、この場でお詫び申し上げます。指摘してくださったみなさま、ありがとうございます。
最近の一部のプレスリリースや論文、学会発表で誇大広告や明らかにわざと先行研究を無視しているな、という内容を目にすることがあり、感情的に記事を執筆してしまいました。申し訳ありませんでした。

参考文献

  1. Stoltz, B. M.; Grubbs, T. H. et al. Nature 2015, 518, 80. DOI: 10.1038/nature14126
  2.  Stoltz, B. M.; Grubbs, T. H. et al. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 1668. DOI: 10.1021/jacs.6b12114
  3. Tsuchimoto, T. et al. Adv. Synth. Catal. 2012, 354, 2959. DOI: 10.1002/adsc.201200310

ケムステ内関連記事

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
ゴン

ゴン

新反応をみつけるべく戦う大学院生
ゴン

ゴン

投稿者の記事一覧

新反応をみつけるべく戦う大学院生

関連記事

  1. 孫悟飯のお仕事は?
  2. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  3. 研究者へのインタビュー
  4. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  5. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  6. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  7. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  8. 文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」

コメント

    • Giammarco
    • 2017年 2月 26日

    ドンマイケル。
    お気持ち察します。
    これはルール的にはセーフなグレーゾーンな感じですね。ここまで同じ反応なら、もう一つスキームつけて反応条件だけが違うということを明示するべきだった。この書き方では、確かに先行例はPdとかと酸化剤でゴリゴリシリル化したのなか、と思いかねない。

    こちら(欧州)でもそんな話は、被害、加害、両方よく聞きますね。

    一応先行例は引用しているんだけど、直接的な文脈でないところで保険的に引用してるだけ、先行文献の貢献を明示してない。

    あれわざとだとわかると著者の印象落ちるけど、大手ジャーナルほど専門対象が広いから9割9分の読者は気付かない。相手が大先生だとチワワの甘噛み扱い。

    うちの(?)先生(国外)も(?)、似たようなこと(?)をたまに(?)している気がする(?)けど、学生のモチベーション上げたりするために(?)はやむを得ない(?)感じで、論文を一流誌に通すための当たり前のテクニックとして、さほど悪気もなくやっているように思えます。

    日本人の論文が、バカ正直(?)に先例を明記して、たとえホットトピックでも新規性に乏しいとマイナージャーナルに大御所でも迷いなく投稿しているのはサムライというか、特異なものに移ります。

    これについて色々個人的に考えたのは、やっぱり結局JACSはアメリカ人のための雑誌だし、ACIEはドイツ人のための雑誌である以上、多少新規性に乏しく、先行例を半分隠した形で大々的に出版しようが、不条理なEditor キックをくらおうが多少は仕方がないことなように思えます。国産ジャーナルはエディターとかと親密度が違いますし、それに比例して融通のききやすさ。苦情を入れたときの反応も違い、結果投稿者の気持ちも大きくなり、今件のようなことに繋がるのだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  2. BO triple bond
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  4. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  5. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  6. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  7. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~
  8. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  9. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  10. チチバビン反応 Chichibabin Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP