[スポンサーリンク]

一般的な話題

ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

研究室の新年度も始まり、皆様の研究室でも新入生が加入し慌ただしい日々が続いているのではないでしょうか? 今日はスイスでの国際学会のお知らせです。

近年、ベシクルに立脚する人工細胞モデルや、合成生物学に基づく細胞機能のエンジニアリング代表されるように複雑なシステムを人工的に構築するといった方向性の研究が多く報告されるようになってきました。このような潮流の中で2014年にスイスで発足した、NCCR MSE (Molecular System Engineering)というプロジェクトが8月にスイス、バーゼルで国際学会を主催します。

概要

主催; NCCR

開催日 ; 2017年8月27-29日

会場 ; バーゼル大学 (Petersplatz 1, CH-4051 Basel, Switzerland)

交通 : バーゼル-ユーロエアポートよりバス50番と31番で約20分(スイス国内の公共交通機関はSBBで検索できます)

参加費学生); 450 CHF(250CHF

要旨締め切り; 2017年5月31日

参加申込 : HP参照

問い合わせ先 : Phone: +41 31 311 74 34
E-Mail: icmse17(at)viva-management.ch
Postal address.: Viva Management GmbH, Kramgasse 16, CH-3011 Bern

学会のテーマは機能性分子の開発と、分子間の高次ネットワークの構築、そしてそれらを用いてた応用研究として細胞エンジニアリングなどです。つまり、何か”機能”を発現する”システム”の構築をめざした機能性分子の開発から合成生物学までの広い分野が対象になります。より具体的には、NCCR MSEのHPをご参照ください。Invited speakerとしては、ノーベル化学賞を受賞したStefan E. Hell, Ben L. Feringaを始めとする、以下の方々が予定されています。プログラムはまだ発表されていませんが、招待講演者は以下の通り。(以下、敬称略)

招待講演者

要旨の締め切りは5月31日。口頭発表とポスター発表は提出された1200文字の要旨をもとに事務局から選らばれます。 化学的あるいは生物学的システムエンジニアリングの分野の研究に興味のある方、ラボを抜け出し8月のスイスに遊びに来たい方、現在発表者を絶賛募集中とのことですので奮ってご応募ください。

ところで、本学会を主催するNCCR、NCCR MSEとは一体なんぞや? という方も多いのではないでしょうか? というわけで、ここからはスイスのNCCRと呼ばれるグラントモジュールについて少しだけ紹介します。

NCCRとその目的

NCCR (National centers of competence in research)はSNSF(Swiss National Science Foundation)が企画し、2000年に開始されたプロジェクトベースの研究機関横断型グラントの一つです。領域は社会科学などを含むサイエンス全般で、現在21のプロジェクトが継続されています。この大型グラントの最大の特徴は、参加している研究グループ間の共同研究がとても強く推奨されていることにあります。すなわちNCCRの個々のプロジェクトの中では、これまで各研究グループのが培ってきた強みを生かし、一つのグループでは達成困難な境界領域の研究にチャレンジしたり、コラボレーションによってた新らたな研究分野の開拓することが目的とされています。

NCCRの制度設計

NCCRのプロジェクトの期間は3年単位で最高12年まで継続可能であるので、研究者としては長期的な視点に立って研究を行える利点があります。一方で、適切な共同研究が実施されていないとプロジェクトが終了もしくは、研究の流動性を高めるために研究グループの組み替えの対象とされてしまいます。グラントにつきものの研究の査定はかなり厳しく、ほぼ毎年行われ、 個々の研究グループの強みをコラボレーションにより最大限活用することが求められています。この査定はPIだけでなく、プロジェクトに参画するポスドク、学生全員が審査員の前で発表することを課されるため、プロジェクトに関わる全員がその方向性にある程度合致した研究を行う必要があります。そのために、プロジェクトに関わる全員が研究発表するリトリート(日本で言うと談話会)などを積極的に行うほか、国際学会などを主催することでプロジェクトチームの活性化を図っています。このような厳しい制度設計のもとで、コラボをたくさんして新たな価値を生み出そう!という目標のを掲げ、数多くの研究が推進されています。

NCCR MSE

そのNCCRプロジェクトの一つとして、バーゼル大学とスイス連邦工科大学チューリッヒ校が主導して、2014年より発足したのがNCCR MSE (molecular system engineering)です。このプロジェクトはバーゼル大学とETHのほか、EPFL, ジュネーブ大学、ベルン大学、 PSI(Paul Scherrer Institute)、FMI (Friedrich Miescher Institute)などで構成されており、合成化学、高分子化学、ケミカルバイオロジーから、合成生物学、神経科学までの多岐に渡る研究グループが参加しています。

コラボレーションとグラントの今後

近年名古屋大学のITbMやスイスのNCCRのように、全く毛色の違う研究室同士がお互いの強みを生かした、「分野間の障壁(知識やスキル)が大きく手が出せなかったこと」に挑戦できる共同研究が活発になってきています。その一方で、これまでのように専門分野同士でプロジェクトを形成することはより深い分野の理解には必須ですし、今後も続けていくべきだと筆者は強く考えていますが、毛色の違う研究者同士が集まって新たな価値を生み出すことも可能なはずです。現在、NCCRで行っているような境界領域の研究は増加傾向にあり、今後ますます加速するであろうと考えられます。そういった流れの中で、コラボレーションを研究者に強制することで新たなサイエンスを生み出すことを求めるグラントもそれに応じて今後増加するのではないでしょうか?

最後はコラボとグラントの話になり、話題が若干逸れてしまいましたが、このような境界領域の最先端の研究をバーゼルで見てみるのはいかがでしょうか?本学会で講演される先生方は毎年のようにCNSを出すスラッガーばかりです。私もとても楽しみにしていて、全合成が達成できてボスの許しが出ればめでたく参加できる予定です。今回はこの辺で。

関連リンク

The following two tabs change content below.

Gakushi

スイスでPh.Dの学生をしています。ハンドルネームはGakushiですが、修士号を持っています。博士号をとって、Hakaseになる予定です(なりたいです)。

関連記事

  1. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』…
  2. 糖鎖合成化学は芸術か?
  3. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  4. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  5. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  6. 科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?
  7. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  8. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  3. イリジウム錯体:Iridium-complex
  4. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  5. 有機触媒 / Organocatalyst
  6. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  7. 塩化ラジウム223
  8. 地球外生命体を化学する
  9. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  10. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP