化学者のつぶやき

  1. 磁性流体アートの世界

    今回は化学、というよりは芸術寄りの話題をば。磁性流体(Ferrofluid)とは、流体でありながら磁石に吸い寄せられる性質を持つ物質です。ものすごく大雑把にいうならばは、「鉄粉+界面活性剤+水(or 有機溶媒)」の混合物液体です。鉄…

  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

    前回に引き続き、まだまだ続く「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろう、でももしかしたらとれるかも…

  3. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

    前回に続きまして「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろうでももしかしたらとれるかもしれない化学者…

  4. タミフルの新規合成法・その3

    Synthesis of Tamiflu and its Phosphonate Congene…

  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

    さて2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)に続きまして、今年のノーベル化学賞の最終候補者・残りの3…

  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

  7. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

  8. 水が促進するエポキシド開環カスケード

  9. (+)-フォーセチミンの全合成

  10. 金属を使わない触媒的水素化

  11. The Journal of Unpublished Chemistry

  12. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法

  13. ワインのコルク臭の原因は?

  14. “follow”は便利!

  15. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

  16. 不安定な合成中間体がみえる?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. あなたの天秤、正確ですか?
  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  3. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  4. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  5. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  6. 野依賞―受賞者一覧
  7. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP