化学者のつぶやき

  1. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料に赤外線をあてて得られる吸収スペクトルを測定する分析法である。とりわけ、有機化合物にどのような官能基が含まれるかを決定したい時に威力を発揮す…

  2. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  3. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  4. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  5. 共役はなぜ起こる?

    tanukiのペンネームで有機化学現象に関する量子化学での研究結果をできるだけわかりやすい形で紹介さ…

  6. もっとも単純な触媒「プロリン」

  7. 本当の天然物はどれ?

  8. ノルゾアンタミンの全合成

  9. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  10. 生合成を模倣した有機合成

  11. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  12. ハメット則

  13. 有機の王冠

  14. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  15. 学会風景2001

  16. 香りの化学2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  2. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  3. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  4. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  5. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
  6. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ
  7. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP