化学者のつぶやき

  1. (+)-ゴニオトキシンの全合成

    A Stereoselective Synthesis of (+)-Gonyautoxin 3Mulcahy, J. V.; Du Bois, J. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, ASAP doi:10.1…

  2. NeoCube 「ネオキューブ」

    ネットを日常的に徘徊してると、たまーに面白いものに出会います。今回でくわしたもの、それは…

  3. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~

    本シリーズでは有機化学を学び始めた人向けに、反応機構図・電子の矢印を書くためのポイントを解説していき…

  4. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~

    「ある反応がどのようにして起こっているか?」について記述したものが反応機構(reaction mec…

  5. エステルをアルデヒドに変換する新手法

    LDBBA: Kim, M. S.; Choi, Y. M.; An, D. K. Tetr…

  6. クリスマス化学史 元素記号Hの発見

  7. 軸不斉のRとS

  8. E-mail Alertを活用しよう!

  9. DOIって何?

  10. Nature Chemistry:Research Highlight

  11. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成

  12. 保護基のお話

  13. 史上最強の塩基が合成される

  14. JACSベータ

  15. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成

  16. 有機EL素子の開発と照明への応用

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  2. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction
  3. イレッサ /iressa (gefitinib)
  4. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  5. 化学 2005年7月号
  6. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  7. スローン賞って知っていますか?

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

PAGE TOP