化学者のつぶやき

  1. フラーレンの単官能基化

    "Rh-Catalyzed Arylation and Alkenylation of C60Using Organoboron Compounds"Nambo, M.; Noyori, R.; Itami, K. J. Am. C…

  2. 立体選択的なスピロ環の合成

    Development of a Nazarov Cyclization/Wagner-Me…

  3. 化学と工業

    最近うちのボスが日本化学会の会員専用月刊誌である「化学と工業」を私にくれます。理由は4月から彼は…

  4. 抗生物質の話

    <A君の日常:とある一コマ>「ゲホゲホ、風邪ひいた…病院行って薬もらわなきゃー」……………

  5. デスソース

    先日行った飲み屋で登場。用途?まあタバスコみたいなモンです。ただ違うのはその辛さ。試しに一滴なめ…

  6. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成

  7. ちょっとした悩み

  8. アレーン類の直接的クロスカップリング

  9. はしか流行?

  10. 複雑なアルカロイド合成

  11. 化学パズル・不斉窒素化合物

  12. ジアゾメタン

  13. シュガーとアルカロイドの全合成研究

  14. カラムやって

  15. Happy Friday?

  16. Rice cooker

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  2. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  3. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  4. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  5. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  6. 鈴木 章 Akira Suzuki
  7. 保護により不斉を創る

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP