化学者のつぶやき

  1. 化学者の単語登録テクニック

    これまで何度か書いてることですが、化学者といえども、文章を書く機会にはたくさん遭遇します。特に本質でない事務処理やメール作業は、1分1秒でも高速化したいものです。そのために筆者は日本語入力ソフト(ATOK)にありとあらゆる単…

  2. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー

    第110回のスポットライトリサーチです。前回に引き続き、横浜国立大学大学院からの成果です。今回は横浜…

  3. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?

    2016年,理化学研究所の候らは,希土類ハーフサンドイッチ触媒を用いたメトキシスチレンの重合において…

  4. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–

    前回、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry の試験前の対策方法…

  5. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする

    スイス連邦工科大学チューリヒ校・J.W.Bodeらは、光触媒とルイス酸を組み合わせることで、Ir光触…

  6. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!

  7. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

  8. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

  9. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

  10. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  11. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

  12. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

  13. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

  14. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

  15. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

  16. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売
  2. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  3. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  4. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  5. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  6. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  7. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

PAGE TOP